12弦ギターの特徴と魅力について

ギターは通常6弦で、あらゆる音楽ジャンルで用いられていますが、一方では変則的な弦数のものも存在します。
通常の倍の12弦ギターもその1つで、ボディの見た目は通常のものと殆ど違いませんが、弦の数と密集する指板は異様な雰囲気を放ちます。
アコースティックギターだけでなく、エレキギターやセミアコースティック、エレクトリックアコースティックの各種に12弦タイプがあります。
12弦のメリットは、主要な弦に副弦が追加されることから、複雑な響きを表現できる点が挙げられます。
また、同時に複数の弦を弾くことで、響きだけでなく音の厚みが増す効果が得られます。
必然的にネックが太くなってしまうので、手が小さかったり指が短い人は少々弾きにくいです。

それと、弦を交換するのが手間という欠点があります。
一度に鳴らせる弦の数が倍になることから、使いこなせると表現の幅が大幅に広がりますが、チューニングや弾き方に問題があると逆に濁ってしまいます。
その為、12弦は決して初心者向けとはいえませんが、腕に自信がある人なら挑戦してみる価値があるでしょう。
弦が密集しているので、ピンポイントで指板を押さえて単音を出すのは難しいことから、コードを弾き鳴らす方が圧倒的に簡単です。
右手側も同様に密集状態ですから、アルペジオも簡単ではないものの、綺麗に弾けると美しい響きが得られたり格好良く見えます。
当然ですが、指とピックを比べればピックの方が明らかに弾きやすいでしょう。
ストロークで適当に弾くだけでも、響きが豊かな12弦は楽しいものですが、ストロークだけだと勿体ないです。
やはり、様々な奏法を使い分けた方が12弦ギターは活きますし、6弦では到達できない表現の領域にたどり着けます。
フォークソング全盛の時代から存在したり使われてきたギターなので、音楽の歴史と共にあるといっても過言ではないはずです。
トップブランドのマーチンやギブソンも作っていますし、日本のヤマハにも12弦ギターのラインナップがあります。
ちなみに、エレキギターの12弦が多用されるようになった切っ掛けは、ビートルズのジョージハリスンが使っていたリッケンバッカーだといわれています。

リゾネーターを搭載したアコースティックギターの魅力とは

リゾネーターはギターの音量を増大させるための独特の形状をした共鳴板のことで、一般的には金属製のものが非常に有名ですが、木製のものも存在しておりその独特のデザインが特徴となっています。これを搭載することで、従来の一般的なアコースティックギターとは異なる音色を発生させることも特徴となっておりこれを搭載することで従来の一般的なアコースティックギターとは異なる音色を発生させることも特徴となっており、この音に魅了されている人も少なくありません。

リゾネーターは一般のアコースティックギターの音量が小さいと言う問題点を解消するために、元振動を効果的に増幅するために開発されたものです。しかし実際には通常のアコースティックギターのようにボディー全体で共鳴した音を発生させるのとは異なり、弦の振動を共鳴板を利用して増幅させるためその音色が大きく異なり、実際には通常のアコースティックギターに比べてそれほど音量が増大すると言う事はありません。木製の場合にはボディーと同じ材質のためにボディー自身が共鳴版と連動し比較的大きな音を出すことができるようになっていますが、金属製の場合は音の増幅と言うよりは音色の変化が話題となり、現在でもその独特の音色に惹かれると言う人が多くなっています。

リゾネーターを搭載したアコースティックギターの音色の特徴は、金属製の場合には乾いた高音成分の多い音色を発生させることから、演奏テクニックの1つであるスライドバーを利用した演奏を行う際などによく利用されます。アメリカ南部の郷愁を思い起こさせるような音色を発生させることが特徴であり、この音色を愛して止まないミュージシャンも少なくありません。また木製のリゾネーターを搭載したギターはブルーグラスと言うジャンルで用いられることが多く、すっきりと澄んだ音を発生させることが特徴となっています。最近は特に当初の目的とは異なり、音色の変化のためにリゾネーターが用いられることが多くなっているのが特徴です。

セミアコースティックギターの特徴と選び方

ギターには様々な種類がありますが、その中でもエレキギターの一つであるセミアコースティックギターは大変人気があります。セミアコースティックは芯になる部分をソリッドにしたセミホロウ構造をしたものであり、フルアコースティックと空洞のないソリッドの中間に位置しています。

セミアコースティックはセミホロウ構造が特徴です。このセミホロウ構造はギターのボディの中に選tナーブロックと言われる木材を使用しており、弦をはじいた時の振動を受け止める部分がソリッドになっている、ボディのトップとバックがセンターブロックによってつながっている特徴があり、力強い音を響かせることが可能でロックだけでなくジャズなどにも使用することができます。さらにハウリング音が抑えられているので様々な音色を響かせることができ、きれいな透き通った音色から歪ませた音まで奏でることが可能なため、いろいろなジャンルの音楽を挑戦している人に適しています。

セミアコースティックギターの中でも多くの種類が存在しており、選ぶ場合はサイズとボディの材質、デザインやピックアップを考えていきます。ボディの構造はセミホロウとダブルカッタウェイの2種類であり、ダブルカッタウェイは両側のボディネックの付け根から肩までえぐりとったような本来のギターの形状となっています。同じ構造であっても大きさが異なっており、若干形状も違うため、最初は好みのアーティストが持っているギターの形状を参考にすると迷いが生じません。

ピックアップはセミアコースティックギターの音量を増幅させるものを指しており、大きな会場で演奏する際、音が響かないと想定される時に取り付けるパーツのことです。シングルタイプとハムバッカータイプがあり、一般的にはハムバッカータイプを使用します。ですが高音をはっきりと出すにはシングルタイプが適しているので、音質をどの程度求めるかによって選ぶと良いです。
なお、セミアコースティックは一番は自分が気に入ったデザインのものを選ぶことが良く、しっかりと選んだものは後悔することがなく、丁寧に使うことができます。

ギターにおけるフルアコースティックの特徴


フルアコと呼ばれる事もあるフルアコースティックギターは、名称にアコースティックとあるものの分類上はエレキギターとなるため、ボディにはピックアップや配線などエレキギターと共通している物が多々あります。
共通している箇所は多いものの、大きく異なる点として挙げられるのがボディを構成する際にトップとサイド、バックの板を中に空洞が生まれるように貼り合わせている様子です。
板の貼り合わせ方によって空洞を生み出す事により、ピックアップや配線などの電子部品が用いられているのにも関わらず、アコースティックギターのような音色が奏でられるようになります。

ボディの中に空洞を作り出す事により、アンプに接続しなくても弾いた時にしっかりとした音量で奏でられるようになるので、練習時など使い方の幅が広げられます。
似ている楽器としてアコースティックギターがありますが、アコースティックギターはアコースティックな音色をアンプを介して大きくするのに対し、フルアコースティックはボディ自体も鳴っている上にアンプからも音が楽しめるといった違いがあります。

そのようにボディも鳴りつつアンプからも音が鳴っていると、音が太く感じられるようになるのに加えて温かみも感じるようになるので、他のギターでは得られない唯一無二の音色に浸れます。
また、ボディのサイズが大きいモデルが多い事もあり弾き語りを行う機会が多いミュージシャンにおいては、アコースティックギターから持ち替えた時に外見上で違和感を覚えないという魅力もあります。
フルアコに使用されているピックアップは、エレキではレスポールなどに使用されている事が多いピックアップが採用されていて、多くのタイプで前部と後部で2つが搭載されています。
2つのピックアップをスイッチで切り替える事により、ブルースやソウルミュージックなどに応じてより良い音色にする事ができますが、演奏するジャンルによっては前部のみにピックアップが用いられているタイプを選ぶ方も少なくありません。

趣味でギターを始める魅力やメリットについて

「何か趣味が欲しい」

そのような思いで自分の趣味になるものを模索している方は世の中に少なくないでしょう。
世の中には趣味にできるものが沢山ありますが、その中でも今回はギターの趣味について、その魅力やメリットをご紹介していきます。

ギターを趣味にするメリットは?

まずは、ギターを趣味にするメリットから見ていきましょう。

異性・同性問わずモテる

ギターを趣味にすると、異性・同性問わずモテるというメリットがあります。
ギターを弾ける人は、今は少なく希少な存在です。
そのような中で、ギアーが弾けると、注目され尊敬されることでしょう。
ギターを披露する機会は意外と多く、特に結婚式などに招待されたとき、ギターが弾けることを相手が知っていると頼まれたりするなど人前で弾けるチャンスは意外と存在します。

音楽を楽しめる

ギターを趣味にすることで、音楽を聴くだけではなく奏でることができるため、音楽を楽しむ幅が広がり、これまで興味の無かった曲にも、ギターを通して興味を持つようになるでしょう。
「この曲を弾いてみたい」「この曲を弾き語りしたい」というような視点で音楽を聴くようになります。

ギターを趣味にする魅力は?

次に、ギターを趣味にする魅力について見ていきましょう。

いつでも練習できる

ギターの魅力は「いつでも練習できる」ことです。
家にいながらコードの押さえ方の練習や、弾き語りの練習など、手軽にできることから、長く趣味として続けることができます。
歌いながら弾ける
歌が好きな方は、カラオケに行かなくてもギター一つで自分だけのカラオケにすることができ、歌いながらギターを楽しむことができるのも魅力の一つでしょう。

一生の趣味にできる

音楽は時代や世代に縛られず、どのような時代でもどのような年齢になっても楽しむことができる趣味です。
音楽は時代と共に流行は変わっていきますが、昭和の名曲など、今でもずっと歌われ続けています。
一生涯の趣味にできるものは中々ありませんが、ギターは生涯続けられる趣味の一つです。

趣味で選ぶならアコギがおすすめ

ギターには様々な種類がありますが、その中でもアコースティックギターがおすすめです。
弾き語りや、初心者でも始めやすいため、ギターを趣味にしたい方にはアコースティックギターからはじめることをおすすめします。

ここまで、ギターを趣味にするメリットや、魅力をご紹介してきましたが、ギターを始めるにあたってギターだけではなく教材などを購入して練習をはじめると、挫折せずに上達することができるでしょう。