ギターにおけるフルアコースティックの特徴


フルアコと呼ばれる事もあるフルアコースティックギターは、名称にアコースティックとあるものの分類上はエレキギターとなるため、ボディにはピックアップや配線などエレキギターと共通している物が多々あります。
共通している箇所は多いものの、大きく異なる点として挙げられるのがボディを構成する際にトップとサイド、バックの板を中に空洞が生まれるように貼り合わせている様子です。
板の貼り合わせ方によって空洞を生み出す事により、ピックアップや配線などの電子部品が用いられているのにも関わらず、アコースティックギターのような音色が奏でられるようになります。

ボディの中に空洞を作り出す事により、アンプに接続しなくても弾いた時にしっかりとした音量で奏でられるようになるので、練習時など使い方の幅が広げられます。
似ている楽器としてアコースティックギターがありますが、アコースティックギターはアコースティックな音色をアンプを介して大きくするのに対し、フルアコースティックはボディ自体も鳴っている上にアンプからも音が楽しめるといった違いがあります。

そのようにボディも鳴りつつアンプからも音が鳴っていると、音が太く感じられるようになるのに加えて温かみも感じるようになるので、他のギターでは得られない唯一無二の音色に浸れます。
また、ボディのサイズが大きいモデルが多い事もあり弾き語りを行う機会が多いミュージシャンにおいては、アコースティックギターから持ち替えた時に外見上で違和感を覚えないという魅力もあります。
フルアコに使用されているピックアップは、エレキではレスポールなどに使用されている事が多いピックアップが採用されていて、多くのタイプで前部と後部で2つが搭載されています。
2つのピックアップをスイッチで切り替える事により、ブルースやソウルミュージックなどに応じてより良い音色にする事ができますが、演奏するジャンルによっては前部のみにピックアップが用いられているタイプを選ぶ方も少なくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。