セミアコースティックギターの特徴と選び方

ギターには様々な種類がありますが、その中でもエレキギターの一つであるセミアコースティックギターは大変人気があります。セミアコースティックは芯になる部分をソリッドにしたセミホロウ構造をしたものであり、フルアコースティックと空洞のないソリッドの中間に位置しています。

セミアコースティックはセミホロウ構造が特徴です。このセミホロウ構造はギターのボディの中に選tナーブロックと言われる木材を使用しており、弦をはじいた時の振動を受け止める部分がソリッドになっている、ボディのトップとバックがセンターブロックによってつながっている特徴があり、力強い音を響かせることが可能でロックだけでなくジャズなどにも使用することができます。さらにハウリング音が抑えられているので様々な音色を響かせることができ、きれいな透き通った音色から歪ませた音まで奏でることが可能なため、いろいろなジャンルの音楽を挑戦している人に適しています。

セミアコースティックギターの中でも多くの種類が存在しており、選ぶ場合はサイズとボディの材質、デザインやピックアップを考えていきます。ボディの構造はセミホロウとダブルカッタウェイの2種類であり、ダブルカッタウェイは両側のボディネックの付け根から肩までえぐりとったような本来のギターの形状となっています。同じ構造であっても大きさが異なっており、若干形状も違うため、最初は好みのアーティストが持っているギターの形状を参考にすると迷いが生じません。

ピックアップはセミアコースティックギターの音量を増幅させるものを指しており、大きな会場で演奏する際、音が響かないと想定される時に取り付けるパーツのことです。シングルタイプとハムバッカータイプがあり、一般的にはハムバッカータイプを使用します。ですが高音をはっきりと出すにはシングルタイプが適しているので、音質をどの程度求めるかによって選ぶと良いです。
なお、セミアコースティックは一番は自分が気に入ったデザインのものを選ぶことが良く、しっかりと選んだものは後悔することがなく、丁寧に使うことができます。