12弦ギターの特徴と魅力について

ギターは通常6弦で、あらゆる音楽ジャンルで用いられていますが、一方では変則的な弦数のものも存在します。
通常の倍の12弦ギターもその1つで、ボディの見た目は通常のものと殆ど違いませんが、弦の数と密集する指板は異様な雰囲気を放ちます。
アコースティックギターだけでなく、エレキギターやセミアコースティック、エレクトリックアコースティックの各種に12弦タイプがあります。
12弦のメリットは、主要な弦に副弦が追加されることから、複雑な響きを表現できる点が挙げられます。
また、同時に複数の弦を弾くことで、響きだけでなく音の厚みが増す効果が得られます。
必然的にネックが太くなってしまうので、手が小さかったり指が短い人は少々弾きにくいです。

それと、弦を交換するのが手間という欠点があります。
一度に鳴らせる弦の数が倍になることから、使いこなせると表現の幅が大幅に広がりますが、チューニングや弾き方に問題があると逆に濁ってしまいます。
その為、12弦は決して初心者向けとはいえませんが、腕に自信がある人なら挑戦してみる価値があるでしょう。
弦が密集しているので、ピンポイントで指板を押さえて単音を出すのは難しいことから、コードを弾き鳴らす方が圧倒的に簡単です。
右手側も同様に密集状態ですから、アルペジオも簡単ではないものの、綺麗に弾けると美しい響きが得られたり格好良く見えます。
当然ですが、指とピックを比べればピックの方が明らかに弾きやすいでしょう。
ストロークで適当に弾くだけでも、響きが豊かな12弦は楽しいものですが、ストロークだけだと勿体ないです。
やはり、様々な奏法を使い分けた方が12弦ギターは活きますし、6弦では到達できない表現の領域にたどり着けます。
フォークソング全盛の時代から存在したり使われてきたギターなので、音楽の歴史と共にあるといっても過言ではないはずです。
トップブランドのマーチンやギブソンも作っていますし、日本のヤマハにも12弦ギターのラインナップがあります。
ちなみに、エレキギターの12弦が多用されるようになった切っ掛けは、ビートルズのジョージハリスンが使っていたリッケンバッカーだといわれています。